Image 01

NLPを学んだ知った身体の感覚を信じることのメリット

12月 10th, 2012 by nlpshitsumon

NLPを学んでわかったことがあります。
それは、自分の身体を通して、多くの事を吸収することのメリットです。

それまでの私は、頭で考えてしまうことが多いのでした。
しかし、それだけではいけない事に気づきました。

多くのことに気づくには、身体を使うことです。
その事は、NLPを通してわかったことです。


NLPでは、身体性を大事にします。


そして、これは私だけかもしれませんが、
この身体性を通して感じることが、とても大事なことです。


身体が感じている感情を十分に感じて挙げることが、
何よりも大事な事に気づくことができるのです。

人の心とは、身体からできていると思います。


例えば、NLPでは身体と心は有機的につながっている、と言います。

身体が元気ではない場合は、心も元気になることができません。
だからこそ、身体を元気にすることは、心を元気にすることに、繋がります。


だからこそ、頭で考えることも大事ですが、
時には、身体を使って感じることも大事です。


身体を使って感じることで、
これまでにはなかったようなメリットに気づくことでしょう。

自分の心の身体性にも気づくことができます。
それは、見たことのないステージにみちびくものです。

しかし、ここで疑問があると思います。
それは、自分の身体との対話をどのようにするのか?
ということです。

この答えは簡単です。

自分の感情に気づくことが大事です。

感動、喜び、悲しみなど。

これらの感情に気づくことができるようになると、
身体との対話がスムーズに行くようになることでしょう。

なぜ、ある人は心理的に勝つことができるのか?

10月 23rd, 2012 by nlpshitsumon


心理スキルとは、様々な場面で使われているものです。

例えば、ビジネスの現場での取引、恋愛での場面。

これらの場面で心理的な部分が強い人は、
人生においても、円滑な人生を送ることができます。


逆に考えてみると、
心理的に負ける事で、どれだけ多くの事を失うのでしょうか。


心の部分を理解していないことで、
起こる失敗とは、大きな違いがある事に気づきます。


それは、スポーツに例えると、
スポーツのルールを無視しているのと同じです。


例えば、サッカーで手を使っていること、
バスケでドリブルをしないで走り回っている事と同じような感覚でしょう。


これは、心理的な場面でも言える事です。


心理的な側面を理解していないことで、
ミスマッチな行動を起こしてしまうことがあるのです。



このような変化は、どのような人にも起こりうる事ですが、
知らないで起こしてしまう失敗だけは避けたいものです。


例えば、ビジネスコミュニケーションでは、
このような側面が言われています。

「相手のフィールドに入る事」


この言葉が意味することは、
決して、自分のコミュニケーションのルールで対話をせずに、
相手の常識のフィールドに入る必要があるのです。


「郷に入れば郷に従え」
という言葉もありますが、

いくら、自分の常識を相手に伝えたとしても、
こちらにとって、常識ではないことがあります。

そうしたときに、決して自分の常識を押し付けずに、
相手のフィールド(常識)に沿ったコミュニケーションを
行いたいですね。


そうすることで、ビジネスコミュニケーションの現場で、
成果を残すことができることでしょう。



人に意見を押し付けていませんか?

8月 24th, 2012 by nlpshitsumon

普段、どのようなコミュニケーションを取っていますか?
もしかして、人に自分の意見を押し付けるだけのコミュニケーションを
とっていませんか?

少なからず、自分のコミュニケーションのやり方を感じていると思います。
しかし、自分の違いに気づくことが大事です。

普段の自分がどのようなコミュニケーションを取っているか?
まずは、この違いに気づくことから始めることが大事でしょう。

この違いに気づくことで、自分の事を変えることができるようになります。


例えば、恐らく自分に当てはめると、
このようなことに気づくことがあるかと思います。

人から、何かの指示を受けた時に、
その相手から、全く見当違いな事を言われ、
イライラしてしまったことが。

もしも、そのような経験があるとしたら、
あなたは、人に対しても、同じような事を行なっているかもしれません。


この問題を解決するためには、NLPが使えます。

特に、NLPのポジションチェンジがその問題を解決していくれるでしょう。

ポジションチェンジを行うことで、
自分以外の人の視点を持つことが出来るようになります。

その視点に気づくことが出来れば、
自分の事に気づくことが出来るようになってくるものです。

NLPのポジションチェンジでは、自分がどのような視点で、
コミュニケーションを取っているのかを知ることができる
テクニックを含んでいます。

実際にポジションチェンジを行なってみると、
自分が困ったコミュニケーションを取っていることに、
気づくことができると思います。

ぜひ、使ってみ下さい。

練習をこそ、意識的に行なう

6月 30th, 2012 by nlpshitsumon

練習のときにこそ、しっかりと集中することが大事です。

本番で強くなるには、普段の練習での振る舞いが重要になってきます。
NLPでは、無意識ということを取り扱いますが、
この無意識を活用することで、本番でも、能力を発揮することができるのです。


本番だけ頑張ろう。

こういったことを考えている人がいるようですが、
それは中々、難しいものです。

なぜなら、自分の行動は無意識に落とし込まれているからです。
普段の行動をしっかりとしないと、無意識に落とし込まれてしまうので、
意識的に行動しようと思っても、中々行動することができません。

NLPの無意識では、こんな段階がある事をごぞんじでしょうか。

その段階とは、意識的に行動する状態と、
無意識で行動できる状態の違いです。

ずっと、意識している必要があると感じている人もいると思いますが、
そのようなことはありません。

まずは、意識的に、望む行動を行なっていくのです。
そうすると、段々と無意識的な行動を取ることが、
できるようになってくるのです。

だからこそ、最初のうちこそ、意識して、
その後、無意識で行動が出来るようにすることが、
大事なことなのです。

この違いに、気づくことが出来るようになってくる事で、
本番でも、強い自分になることができることでしょう。

自分が思っている以上に、この違いは大きなものなのです。

無意識で行動ができるように、少しづつ変化を加えて行きましょう。

そうすると、とても面白いことが起こってくることでしょう。

心理で感じていることを感じる

4月 4th, 2012 by nlpshitsumon




NLPを学んでいる人であれば、おなじみの考え方かもしれません。
NLPを勉強している人は、このようなことに使います。

それは、本番での心の使い方です。

本番での心の使い方によって、
実際に、本番を成功に導くことができるかが、決まります。

その為には、心理の動きを感じることが大事です。



本番で焦ってくると、人は自分を見失います。
その瞬間が一番怖いことです。

この事に気づくことができるようになってくることで、
いままでにはなかった現実に気づくことができることでしょう。


本番で焦ってきたら、どのようにすればいいのか?
この場合は、NLP心理学を使ってみるといいでしょう。

その時には、このようにして使います。

自分の心の状態に気づく

コレだけのことを行なうことができるようになるだけで、
自分の心が落ち着いてきます。

そして、本番も成功することができるのです。

NLP心理学を学んでいると、
セラピーの考え方を知ることができます。

そのセラピーの考え方の一つの中で、
このような事があります。

「自分の感覚に意識を向ける」
この意識を向けることで、セラピーに最適な心の状態を
作り出すことができるようになってきます。

NLPセラピーは、心を落ち着かせることができるものですから、
本番で落ち着いて話をする時にも、この考え方を使うことができます。

本番で、うまくいかないことがあった際には、
その事に気づくことができるといいでしょう。

本番でいい結果を出すには、NLPのセラピーの考え方を
使ってみるといいでしょう。



恐れとは自らが作り出している

2月 6th, 2012 by nlpshitsumon





何かに対して恐ろしい気持ちになったとして、
それは誰が作り出しているものかを充分にかんがえてみると、
いいかもしれません。

NLPでは、認知心理学の事も学びますので、
そういった意味では、NLPを学んでいる人によって、
これからお話する、人が物事を感じるプロセスは、
いらない情報かもしれません。

例えば、何かに恐れを感じているとします。
それは、だれが創りだしたものでしょうか。

人が作ったものではありません。
どのような出来事であっても、それは自分自身が創りだしたものです。

自分で創りだしたものですから、自分で消すことが可能です。
この事に気づくことができることで、自分の感情のコントロールが、
容易になってくることは言うまでもありません。

その人がフォーカスしてることが現実として、
自分が認知することになるのです。





重要なことしか見えない


NLP資格セミナーの中で教えて頂いた考え方ですが、
人はその人にとって、重要なことしか見えないようになっているのです。

だかこそ、なにか問題が発生したとして、
その問題を問題を感じる人もいるでしょうし、
逆に問題だと感じない人もいるように思います。

このような違いの中で、人は自分自身の可能性を
広げたり、狭めたりしているのです。

だからこそ、NLPを学んだ人は、
この違いについて、よくよくわかっていることでしょう。


もしも、この考え方ができないとしても大丈夫です。
これも、NLPセミナーで習いましたが、潜在意識は、
自分が感じていることを更に知ることができるようにできています。

潜在意識に質問を送ることでこれまでにはなかったことが、
わかってくることでしょう。




物事の本質とは、単純。NLPで知ったこと

12月 12th, 2011 by nlpshitsumon






NLPを勉強してから、気づいたことがあります。
それは、物事の本質とは、とても簡単なものであるというもの。

本来は、色々な視点で物事を見てしまうことがあるかもしれません。
そして、NLPを学んでいる人は、情報感度がとても高いもので、
色々な情報を取得している中で、悪いことも知ってしまうかもしれません。

その悪いこととは、たいていの場合は、知識を大量に仕入れることで、
起こることです。

情報が多いことによって、物事の本質が藪の中に隠れてしまうのです。
実は、わたしは自己啓発を学ぶことが好きでしたから、
この問題に入り込んでいることがありました。

結果的には、この事が見えてくるようになってくることは、
とても問題の大きなことかもしれません。

しかし、NLPを学ぶことでその問題はなくなりました。

その理由として、挙げることができるのは、
NLPというものが、物事の本質を捉えていたことです。

ですので、この物事の本質を理解することが、
深くすることができました。

その結果として、自分自身が他の自己啓発に
手を出すことがなくなりました。

物事の本質とは、とても小さなものです。
そのことに気づくことができることで、
さらに大いなる結果を得ることができるのです。

NLPを福岡
で教えているトレーナーさんは、
東京でも、NLPを教えて言います。

わたしは、この福岡のNLPトレーナーさんから、
物事の本質を教えて頂きました。

NLPとは、本来は単純なものである
物事の本質を理解するには、とても適しているものなのです。




信念を持っていることで本番に強くなる

11月 18th, 2011 by nlpshitsumon




人はどのような瞬間に強くなることができるでしょうか。
それは、信念を持っている瞬間だといってもいいでしょう。

信念で動いている人間は、とても強いものです。
この違いに気づくことができることで、自身の事に、
気づく瞬間が訪れてくることでしょう。

NLPでは、信念について考えます。


NLPセミナーに参加すると、信念のことを考えることが、
とても多くなります。

信念について、普段の生活の中で、考えることは殆ど無いことと思います。
しかし、NLPセミナーに参加することによって、これまでにはなかったようなことにも、
気づくことができるのです。

NLPをまなぶことによって、その事に気づくことができるのか?と思う人もいるでしょう。
それもそのはずです。

NLPセミナーは、セミナーですから。
このような信念とは普段の生活の中で起こってくるものだと思います。


しかし、実際には違うのです。

NLPセミナーの中では、信念について考え方をふくらませます。
結果的に、色々な事に気づくことができるのです。

しかし、この気づきとは、NLPセミナーが終わってからも、
起こってくることと思います。

普段の生活の中で、少しづつNLPセミナーで学んだ事が、
聞いてくるようになってくるのです。


にも、その事は現れます。
普段の生活の中で、コミュニケーションで大切にする信念についても、
考えることができるようになってくるのです。

これまでにはなかったこに、気づくことができるのです。



追う立場にいることの強さ

10月 25th, 2011 by nlpshitsumon





ある番組で、このような事を言っていました。
その人物は、ある競技の中で、トップランナーを走っている人です。

その人は、追われるプレッシャーについて、考えたことが、
なかったと、言います。
ですので、追われる人とは、そのようなプレッシャーと、
常に戦っています。

その事は、心理的な負担になっていることは、
まちがいのないことです。

この事は、NLPを使う事である程度は低減することができますが、
実際には上手くいかないことがおおいです。

なぜなら、その人の心の傾向を知ることができるツールだとしても、
最終的なゴールに到達する事ができるかと言うと、
それは別物だと言うわけです。
逆にうまくいかない事のほうが多い可能性も多いでしょう。

なぜなら、人にはそれぞれのやり方があるからです。

それでは、そのような事を達成するには、
どのような事を行なってみるといいのでしょうか。

例えば、このような事を行なってみると、
おもしろいかもしれませんね。

それは、NLPのツールを使って、
何度も自分にあった方法を探してみるのです。

例えば、

アンカリング、チェインアンカーなどなど。
色々なNLPのテクニックがあります。

さらに、このNLPのテクニックを使い方には、
色々なほうほうがあります。

この傾向を知る事ができるようになってくることで、
多くの可能性を知ることができるようになります。

最後になりますが、トップランナーではない方は、
これらの方よりも、精神的な負担が少ないです。

ですので、そういった意味では、とても有利なのです。



混乱の前の状況に戻る

9月 22nd, 2011 by nlpshitsumon




NLPを学んだ時には、心の持ち方ついて知識を
あまり多く持っていませんでした。

それまでは、メンタル的な事に心を置くことがありませんでしたので、
ほとんど重要視していなかったことだったのです。

しかし、年齢的なこともあるのでしょうか。
段々と、自分自身の心について考えることが多くなって来ました。

そのときに出会った心理学の一つがNLPだったのです。
このNLPの心理学を学ぶことで、体系的に自分の心の持ち方が分かって来ました。

それでは、例えば仕事での場面でもそうですが、
プライベートでも使うことができる心理的テクニックがありました。

多くの場合は、仕事の現場でメンタルの大切さに気づく事と思います。
もちろん、学生のときからスポーツ選手として第一線で、
活躍をしていた人は、また違った感じになっていく事と思います。

ほとんどの方は、仕事である程度の成果を上げて、
さらに上を目指そうと思ったときに壁にぶつかることでしょう。

そして、その壁は、基本的に心の壁であることが多いです。

NLP東京セミナーの中で、感じたことはその事に対する
答えのようなものです。

このNLP東京セミナーでは、多くのビジネスマンが、
NLPのことを学んでいました。

やはり、感じていることは、多くの場合で、
一緒なんだと、感じました。

この事に気づくことができると、
NLPを東京で学んでよかったと感じる瞬間です。